複数の人

便利な機能がたくさんあるグループウェアでスケジュールを管理する

単体よりメリットが多い

オフィス

グループ企業においては、単体の会社ごとに決算を行う事になり、納税もそれぞれの会社が独立して行う事が一般的です。しかしグループ会社を一つの会社としてみなし納税を連結させる方法があります。連結会計はメリットがたくさんあるのです。

社員のやる気を引き出す

複数の人

企業が業績を伸ばしていくためには社員のモチベーションを高める工夫が欠かせません。社内交流を活発にして適度な競争心を盛り上げる目的では、グループウェアや社内SNSの導入が効果的です。タレントマネジメントなど人材育成ツールと併用すれば、役割を得た社員のモチベーションが高まって企業の成長にもつながります。

経営の見えるかを実現

ウーマン

ERPは経営情報を統合して管理する方法です。企業に必要な人と物、そして金に関する管理は独立していることが多く、これらを一元管理することで経営の全体像を判断しやすくなるのです。そのためERPを導入する企業が増加しています。

社内スケジュール管理

PCを触る人

書き換えによる混乱

最近、スケジュール管理としてグループウェアを導入する企業が増えています。グループウェアの形式として、社員一人一人が自分の予定を書き込めるようになっています。書き込みをした後でも、その予定が変更になった時は書き換えや削除ができます。グループウェアは、多くの場合、部署内であればその部に属する人全ての予定を見ることができます。大抵の場合は、書き込みが可能となるのは自分の予定表のページだけですが、例外的に他者が記入をするようにできることがあります。出張が多い営業職などは、予定の変更を出先から指示して書き換えてもらうことができます。ただ、他人が書き込みをすることで、誤記入などの混乱を生じることがあります。自分以外の人が記入した場合の確認作業は必須です。

過去の予定の変更

グループウェアの日程は、大抵の場合、当月の半年前まで遡れます。過去のスケジュールが間違って記載されていた場合には、それを訂正することも可能です。しかし、間違いに気づいたからといって、グループウェアの過去を修正するのは、あまり感心したことではありません。最近のシステムでは、当月のスケジュール調整が次月や2か月後以降の予定に紐づけされる仕組みも出来上がっています。過去のスケジュールを修正したことで、翌月の予定が自動的に変えられてしまうこともあるのです。修正をした場合は、文字色を変えるなどして、修正したことを示すと共に、いつ修正がなされたのかを明記しておくことが肝心です。できれば、修正の理由も記入することで、部署全体のスケジュール管理がレベルアップします。