単体よりメリットが多い|便利な機能がたくさんあるグループウェアでスケジュールを管理する
メンズ

便利な機能がたくさんあるグループウェアでスケジュールを管理する

単体よりメリットが多い

オフィス

納税メリットが大きい

グループ会社経営をしている場合、単体の会社ごとに課税単位とする場合が基本ですが、グループ企業を一つの課税単位として行う連結会計を行う事によって所得税金額や、納付税額に差が生まれることがあります。これを上手に利用することで税負担を軽くすることも可能になります。メリットは損益通算ができることです。単体の会社ごとに納税を行う場合それぞれの利益に応じた納税を行う事になります。しかしグループ会社の一つ以上に赤字経営が発生している場合、グループ会社の利益は単体で計算するより低くなります。連結会計を行うとこの合算額を基準に納税を行う事になるため、納税額が安くなるのです。そのため黒字と赤字が混合するようなグループ企業である場合には連結会計のメリットが大きくなります。

法人税の負担も軽くなる

繰越決算金の解消にもメリットがあります。損益通算を行った際に、黒字が残っている場合、繰越決算金の控除を申請することができます。単体の決算では解消できない場合においても連結することによって解消が可能になる場合があるのです。大きなくくりで見るとさらにメリットは大きくなります。組織再編などグループ会社の中で組織が大きく変わることはよくあります。その際、法人税の負担が単体の場合、都度変更になるのですが、グループ組織を連結させることによって法人税の負担を変更されることなく、税務上の課題がひとつ減ることにつながります。連結会計させることで単体の税負担や会社の組織上の責任などが不明確にはなりますが、税金負担の軽減などにつなげる効果があります。