社員のやる気を引き出す|便利な機能がたくさんあるグループウェアでスケジュールを管理する
メンズ

便利な機能がたくさんあるグループウェアでスケジュールを管理する

社員のやる気を引き出す

複数の人

社内の士気を高める方法

会社組織は1人の力で成り立つものではなく、多人数の社員が互いに力を合わせる協同作業を前提としています。企業が業績を伸ばしていくためには、社員1人1人の目的意識を高めてやる気を引き出すようにすることも必要です。仕事の目的や成果が見えにくいと社内の士気も上がらなくなり、業績の停滞につながりかねません。かつての企業では社員のやる気を高めるために精神論が言われてきましたが、現在ではもっと合理的なシステムによって改善させる方法が主流です。IT技術を利用した一工夫によっても社員のモチベーションを高めることが可能になってきており、さまざまな方法が開発されています。モチベーション向上させる方法の1つとして挙げられるのは、社内コミュニケーションを活発にする手法です。グループウェアや社内SNSを導入することにより、部署の垣根を越えた社員同士の交流が活性化されます。社内交流が活発になると社員間に適度な競争心も生まれ、それがモチベーションを高める方向に作用するものです。社内コミュニケーションツールの中にはモチベーション度をグラフで表示する製品もありますので、そうしたサービスの導入を検討してみるといいでしょう。

人材を育てるツール

一方では地位が人を育てるという言葉が昔から言われてきたように、人材育成の工夫もまた社員のモチベーションを高める上では欠かせません。社内から優秀な人材を抜擢して一定の役割を与え、地位相応の能力を身につけさせる試みは多くの企業が実践しています。従来は経営陣や管理職の勘と経験に頼っていた部分も、最近ではIT技術に置き換える方向へと変化しつつあります。そうした人材育成を目的とするITツールの1つに挙げられるのは、タレントマネジメントシステムと呼ばれる製品です。人材の登用から育成・教育・配置に至るまでを社員データベースと連携して管理するのが、タレントマネジメントの基本的な考え方です。役割を得た社員は新しい仕事に意欲を持って取り組むようになり、自然とモチベーションが高まっていきます。社員1人1人を適材適所に配置することで個々のモチベーションが上がれば、組織全体にプラスとなるのは間違いありません。社内コミュニケーション支援ツールと人材育成ツールを上手に併用することで、企業は最強集団へと生まれ変わります。経営者が社員のモチベーションを高める工夫をしている企業は、業績の上でも成長曲線を描くものなのです。